富山のムービーウォッチャーによる雑レビュー

映画好きな富山県民の備忘録 他に趣味の話

【スポンサーリンク】

2020年上半期ベストテン!!!

【スポンサーリンク】

2020年になって、もうすでに半年が過ぎた

は~や~く~ね~??????

 

やばくね、この速さ?

コロナの影響もあって4月~6月はほとんどなにもしてないから、ぽっかり空いたぶん早く時間が過ぎた気がする

思い出に残ること何一つやってないからな

 

 

さて、今年もレビューの投稿がままならないまま下半期に突入してしまったわけだが

 

せめて!せーめーて節目のランキングくらいはしっかり書いていこうと思うぞ!

 

 

 

2020年上半期劇場鑑賞作品ベスト10!(※2020年1月1日~6月30日の期間富山県内の劇場で公開された作品)

 

 

 

第10位:娘は戦場で生まれた

f:id:notmovie-notlife0310:20200701153746j:plain

 

 

第9位:もみの家

f:id:notmovie-notlife0310:20200701154053j:plain

 

 

第8位:パラサイト 半地下の家族

 

f:id:notmovie-notlife0310:20200701154348j:plain

 

 

 

第7位:37セカンズ

f:id:notmovie-notlife0310:20200701155012j:plain

 

 

第6位:ナイブズ・アウト

f:id:notmovie-notlife0310:20200701155534j:plain

 

 

第5位:ピーナッツバター・ファルコン

f:id:notmovie-notlife0310:20200701155938j:plain

 

 

第4位:ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝

f:id:notmovie-notlife0310:20200701160354j:plain

 

 

第3位:ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語

f:id:notmovie-notlife0310:20200701160613j:plain

 

 

第2位:ジョジョ・ラビット

f:id:notmovie-notlife0310:20200701160751j:plain

 

 

 

第1位:家族を想うとき

f:id:notmovie-notlife0310:20200701160921j:plain

 

 

【まとめ】

一月に鑑賞した『家族を想うとき』が、やはり心に深く長く刺さり続けててさすが巨匠ケン・ローチかな、と思う

一方、今までアニメはあんまり劇場で観てこなかったんだけど自粛明けで再上映されていた『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』はあまりにも個人的に衝撃的過ぎて

アニメが初めてトップ10入りした

ヴァイオレット・エヴァーガーデン』については全く知らなくて、たまたま劇場の予告を観たときあまりの絵の奇麗さと、声優の豪華さ(個人的に好きな声優が複数いたらそれは「豪華」)に惹かれて観てみたが、久々に号泣してしまった

これを書きながらエミリーの「テイラー!」って叫ぶ声が未だに脳内に鳴り響いてるのね、それくらい衝撃的な出会いのアニメだった

他、『ジョジョ・ラビット』『ストーリー・オブ・マイライフ』など世間でも好評な作品も並ぶ

それらほど話題にはなってないのだが『ピーナッツバター・ファルコン』はなかなかいい作品だったんだよなーもっと話題になってもいいくらいの良作

邦画からは富山ロケ作品『もみの家』、これまたチャレンジ精神溢れた良作『37セカンズ』もランクインした

どちらも上半期の邦画のなかでも特にいい作品だったと思う

 

邦画:12作品、洋画:17作品

とコロナの影響で半年でわずか29作品とかなり少ない鑑賞数になったが、逆に延期になった作品が下半期にどどっと押し寄せてくるのでそれはそれで楽しみである

富山は感染者が0を維持し続けてるのでこのまま良き映画ライフを続行していきたいものだ